貯金をしたいのであれば20代が最大のチャンス

ついつい20代だと、仕事をしていても遊びや趣味などにお金を使いたがるでしょう。この気持ちは男性も女性も変わりません。お金を貯めるには確かに給料が上がりやすくなる30代でもと思うかもしれません。
しかし、30代になってからでは遅いのです。やっぱり貯めるようになるには、20代がいいのです。

収入は低いが実はお金を貯金に回しやすい時期である

確かに新人の1年目や仕事に慣れてきた2年目では、収入も低いです。独り暮らしの人もいるでしょうが、実はこのころはまだ実家暮らしの人も多いはずです。実家だと働いたからとお金も家に入れるようになるでしょう。

それでも、独り暮らしの人に比べれば家賃光熱費よりも安いことがほとんどです。ですのでその残りから、お金を貯金へと回しやすいのです。
この先独り暮らしや恋人との同居を始めるとますます、お金をためにくくなります。ですので、特に20代の実家暮らしの頃にお金を貯めるようにしましょう。

理想的な貯金に回す割合もあって、それは収入の20%となっています。それを回せば、3年ほどで100万円貯めることも可能となるのです。

20代でもお金を貯めるにはコツがあるって本当?

いざお金を貯めるといっても闇雲ではいけません。余ったら貯めるという考えが一番ダメなのです。
まずはお金を貯めるために、別の口座を用意してそこに振り込みするのが簡単にできます。あとは残りを自由に使えばいいのです。

また、会社によっては財形貯蓄があります。これは給料から一定額をひいておき、会社がそれを貯めて年末などにまとめて支払うというものです。これも使えば、すでに貯金しているのととなり、何年間支払いをうけとらなければ、案外結構な金額となるのです。

そして、ボーナスの時に定期預金をすることです。ボーナスの時についつい大きな買い物もしがちです。あまり必要でなくても買ってしまうなんてことも増え勝ちです。

そうならないために、もちろん全額でなくていいので、定期預金に回すことです。これを毎回できれば、短期間でかなりの金額となるでしょう。

若い頃から癖をつけるのが目的。それが20代である

こうしたお金を貯めるには、実は習慣になっている、癖になっていることが大切なのです。貯められる人というのは無意識でもお金があると、使わなかったり、口座へ預けています。
これが、貯めれない人はなかなかできないのです。

そこで、20代の新社会人の頃からお金を貯める習慣をつけるのが一番よいのです。30代だと出ていくお金も増えがちで貯めにくく、習慣化しにくいです。

このように考えると、収入が少なくても貯めるには実は20代がチャンスなのです。ぜひこの時期こそ意識するようにしましょう。