貯金をしたいのであればやっぱり節約をしていこう!

お金を貯めたいという人も多いです。しかし実際にはどれ程の人が貯めれているのでしょうか。

確かに貯めても、いきなり大きな出費をすることもあります。そうなるとやる気もなくなったりします。ですので、貯めるといっても本当に苦労するのです。

そんな貯める時に欠かせないのが、節約です。ここでは節約について見ていきましょう。

節約というけど何からしたらいいのか気になる

節約といっても、やれることもさまざまです。また人によって向き、不向きもあります。しかし、できる方法や節約のしかたを知ることはいずれ得するかもしれないので、たくさん情報は知っておくようにしましょう。

節約のポイントとしては食費です。すでに結婚している人はやはり奥さんに任せるようにしましょう。
そうでない人は、もしも独り暮らしであるときには、食費で節約するといいでしょう。

やはり食費の節約は、自炊をすることです。コンビニ弁当や惣菜を毎日ではかなりお金を使ってしまいます。

3食自炊ができればベストですが、まずは1食だけでも自炊をすることができれば、それを続けられれば節約となってくるのです。
その場合、必要以上に食材を買わない、安売りでも必要なものだけ買うことが大切です。

あと意外と飲み物でも、お金も使うものです。水筒を用意するだけでも、意外と一年で見れば節約になるのです。

固定費用でいかに抑えるかを意識していこう

あとは固定費用です。たとえば水道や光熱費です。これは使った分だけ支払うこととなります。ですので、なるべく水道の出しっぱなしをしない、また電気のつけっぱなしをしないことが大切です。あと、LEDにすることで長い目で見れば節約にもなるのです。

そしてスマホ代があります。これもたくさんオプションをつけていませんか。あまり電話しないのにかけ放題も勿体ないです。ついつい動画を見るからとデータ量追加をその都度追加していませんか。スマホも無駄な契約でお金をかけるのはよくありません。時には格安スマホや光ちゅらのような回線契約をして、費用を抑えるようにしましょう。

またラインだと無料なので、極力友達や恋人とはラインを使うのも節約となります。

クルマは金食い虫!いかに節約に結びつけるか

あと地方だとクルマで出勤や移動なんてことも多いでしょう。しかし、クルマもかなりの金食い虫です。特ににガソリンだとついついかかってしまいます。

そこで、クルマのガソリンを抑えるためには、セルフのガソリンスタンドを使うといいです。あとはクルマの故障でかなりの出費となるのでなるべくこまめに点検をする、異常を感じたら早めに直すことが節約へと繋がるのです。

まずはここにあげたことをしていくと、出費も減るので、そのぶんだけ、貯金にも回せるでしょう。節約が貯金への近道にもなるのです。