貯金ができる人には共通のやっていることがある

会社員とかであれば、年々収入も増えてくるはずです。実力主義や年功序列は古いなんて言われ方もありますが、まだまだ年々とルをとるほど収入も高くなる傾向は残っています。

しかし、実際には貯めきれるかというと、そうでもありません。
やはり貯めれない人も大勢います。そういう人は、まずは貯めきれる人のやっていることを真似ることから始めてみてはどうでしょうか。

あなたが貯金をすることができない理由は何ですか

例えば収入も、残業代やボーナスが出ていつもよりも増えることもあります。もしも副業をしていればなおさら、増える月だってあるはずです。しかし、それでもお金を貯めれるかというとそうでもありません。

やはりなかなか貯めることができないと言う人は、改めてその理由を考えた方がいいでしょう。家族へ入れる金額が多いこともありますし、すでに組んでいるローンが多い、はたまた遊んで使ってしまう、買い物に使う、自分へのご褒美が多い、おごって使ってしまうなどあります。

そうした理由を改めて気づいたり、意識することで次にどうしたらいいかを考えるようになるのです。貯めきれる人はそれをわかっていて、対処できているのです。まずは理由を明確にしましょう。

財布や口座を面倒ですが分けていくことをしている

ます、会社員ならばお給料が振り込まれる口座を持っているはずです。いつもそこから一ヶ月間必要に応じて、お金を下ろして使っていますか。
また財布も同じものだけをいつも使っていますか。

実はこれがいけません。お金を貯めきれる人はこうした口座と貯金をする口座を分けている、または財布を分けるなんてことをしています。振り込まれたらその口座から使うための口座へお金を移し、それ以降は使える口座からいつもお金を下ろしてつかうといった生活をしているのです。

もしくはお金を貯めるようの口座を持ち、そこに振り込みをしてあとは一切触らないなんてしています。

はっきりいって面倒だと思います。またお金を貯める人は、お金を使うときにいつも下ろすようにしています。これも面倒くさいです。わざと案外面倒くさいようにして、必要以上にお金を使わない、さわらないようにしているのです。

手元に残ったらいつも口座へ振り込みをすること

あとお金を貯めれる人は、もしも財布にお金が必要以上にあったら、つねに口座へ預けています。今だとコンビニでもできます。そうすることで貯金を常に意識しますし、必要以上に使わないようになります。
これが習慣化しているので、お金が貯めれるのです。

ここにあげた理由を知ること、口座を分けること、常に少額でも預けることを意識することでもがらっと変わってきます。貯金をしたければぜひ試してみてください。