貯金もその気になれば今日からはじめることができる!

日本人は真面目と思いませんか。お金があれば貯金をするということが、子どもの頃から教えられています。

そのせいか最近だと恋愛や遊びでお金を使うなら、まずはお金を貯めるなんて若者も増えました。

これはちょっと行きすぎですが、やはりそうした気持ちは必要です。その気にならないとなかなかお金は貯められるものではないのです。

お金を貯めるっているけど何のためにするのか

今の時代ほど、お金を貯めることに関心が高かった時代はないかもしれません。戦後実は国の財政が厳しいころがあり、その時お金を集めるために、学校や職場などでお金を銀行へ入れようなんてキャンペーンもあったそうです。

お金を貯めるっているけど何のためにするのか

それがだんだんと浸透し、定着したのです。それがお金をためようという意識の始まりとも言われています。

しかし、一時期はバブルもあってお金を使うことがステータスとなっていたのです。
ところがバブルがはじけると、今度は貯めることにステータスが移ってしまいました。

さらに今だと貯めること自体が目的となり、何に使うか考えていない、ただなんかの時のためなんていう人が増えたのです。

目的がないと実は貯まらないのがお金の特徴

実はこのお金を貯める行為は、目的がないとなかなか貯まらないものです。ついつい目の前の誘惑に負けたり、衝動買いをするなんてことになります。

目的がないと実は貯まらないのがお金の特徴

お金を貯める目標では、いくら貯めると金額をはっきりさせましょう。それも期限つきがいいのです。ただ、100万円と決めても期限がないと人って動かないものです。また自分のことなので甘くなりやすいです。2年後には100万円なんていうように具体的な目標をまず建てます。

次に目の前の目標をひとつ建ててください。たとえば毎月3万円貯めるという具合です。
こうすることで、目の前の目標を達成するうちに先に建てた大きな目標をクリアできるようになるのです。

なお収入が残業などで増える月もあるでしょう。そうしたときには金額を増やすことで、目標の達成も早くなるのです。

貯めれるときに貯めるようにしておくことがよい

今、月の収入が増えたらの話をしましたが、ボーナスも増えたときにはこの時も目標の金額を増やして貯めるようにします。

貯めれるときに貯めるようにしておくことがよい
このように貯めれる時にたくさん貯めるのもコツなのです。ついつい使ってしまいたくなりますが、貯めれる時には一気にするのがコツです。

そうすることで、急な出費が発生しても貯めた金額が減るのを抑えれるからです。

貯金をする上で怖いのがこうした出費とやる気を無くすことです。無くしてしまうともうなかなか貯めれなくなります。やっぱり使う方が楽だからです。

そうならないようにするためにも、一気に貯めて、お金を増えた喜びを感じるようにしておくことも、続けるためには効果的なのです。

The recommendation site
サラズミでデリケートゾーンの黒ずみケア
人には言えない部位の黒ずんだ悩みを自分ひとりで解消できる魔法の黒ずみケアのクリームを買うならこちらへ

なお一気に貯めるときには定期預金を使うようにしましょう。そうすることで、そのお金は触れなくなり、使ってしまうことを防げます。

いつから貯めるのがよいのか、やはり早めがよい

こうしてお金を貯める考えがわかってきたと思いますが、やはり貯めるのは、今日からでもすぐにがいいのです。
もしもあなたが、20代ならばなおさらです。

いつから貯めるのがよいのか、やはり早めがよい

確かに20代だとまだまだ収入も少ないでしょうが、結婚してからや独り暮らしをしていると、なかなか貯めきれません。もしも実家暮らしならばなおさら、貯めるのはチャンスです。まだ、20代ならば結婚もまだ、独り暮らしや同居もまだという人も多いので、ぜひ今日から始めましょう。

まずすぐにできることは、口座の使い方です。ついついまとまった金額を下ろしている人もいます。またこまめに下ろしている人もいます。

後者のこまめにした方が金額も把握しやすく、必要なだけを意識するので貯めやすくなります。まとめて下ろしていると、また足りないとすぐに下ろしてしまい、それが大きい額となるので貯まりにくいのです。

これくらいは、今日からすぐに意識できることなので試してみてください。
思いたったが吉日、貯金を意識したら今日からできることを見つけて始めましょう。